暖房器具別・乾燥肌への影響調査

ガスファンヒーター・かなり不満

冬になって暖房器具を一日中使用するようになると、肌がガサガサになってしまい、とても見苦しいです。顔の乾燥はもちろんですが、足のふくらはぎあたりや、肘下の乾燥もとても酷くて保湿のボディクリームを塗っていてもすぐに乾燥してきて粉を吹いたようになってしまいます。

 

暖房器具が効いた部屋は、空気がとても乾燥しているのが肌でわかります。顔のかさつきや手足のかさつきが、さらに悪化してきて手の甲などは、ひび割れたような感じになってしまいます。とにかく洋服で隠れているところ以外はすべて乾燥でカサカサになっています。

 

暖房器具をつけていると、空気が乾燥するのでメイクへの影響は強く出てしまいます。例えば、ファンデーションを塗っていると、かさつきがさらに酷くなったようになり、化粧が崩れやすくなります。またTゾーンは乾燥による刺激で脂分の分泌が増えてくるように感じます。

 

室内の乾燥防止には加湿器を使っています。ですが、なぜかそれほどお部屋の空気の潤いや、私自身の肌の潤いを全く感じることがありません。加湿器自体、最大のパワーで一日中つけているのですが、部屋の乾燥の度合いがそれを上回っているせいか、効き目を感じられないのだと思います。

 

飛行機機内などでは、マスクをするようにして、せめて喉の乾燥を防いだり、マスクが顔の一部を覆うことで少しでも肌の乾燥する部位を減らすように努力しています。マスクをすれば、かなりの部分の湿度を保つことが出来るので便利だと思います。