暖房器具別・乾燥肌への影響調査

エアコン・やや不満

自分では脂性肌だと思っていましたが、吹き出物の治療のため皮膚科を受診した際、「乾燥肌」だといわれました。乾燥しすぎて、水分と油分のバランスが崩れることによって肌荒れになっている状態です。冬の間は、さらにカサカサした感じになるのが悩みです。

 

暖房器具の影響かどうか定かではありませんが、冬の時期は全体的に肌のカサつきが気になります。少なくとも調子が良くなるということはないと思います。終日、暖房のある部屋にいますが、日中の化粧直しの際、朝よりもカサカサになっていて、厚塗りにならないよう気を付けています。

 

ファンデーションをつけると、粉をふいたようになることがあります。また、エアコンの風が直接顔にあたると、かゆみを感じることが時折あるので、何もつけない方が肌にはよいのかなと思います。なお、唇は、リップをつけていてもすぐに乾いた状態になります。

 

加湿器は使用していません。乾燥対策がメインというわけではありませんが、自宅ではアロマディフュ―ザ―を時折使用しています。なお、就寝時の乾燥対策として、枕元に水で濡らしたタオルをハンガーにかけると、起床時に喉の調子がよいです。

 

パーソナルスペースがない(もしくは狭い)場所で肌の乾燥対策をするのでは難しいと思いますが、私ならフェースミストを持参し、適宜顔全体に吹きかけます。他には、水で濡らしたハンドタオルを手元に置いておくと、多少は乾燥を防げると思います。